武蔵野市 看護師バイト

高齢化社会で病院はどこに行っても高齢者ばかりです。日本の病院は薬の処方が諸外国の何倍にもなります。病気になってからではなく、予防や生活習慣の改善は若いうちから取組みたいですね!

病院にいる患者さんを見ていると、高齢者の患者さんの多さに驚きますね。

 

外来も病棟も、どこを見ても高齢者が沢山…(・_・;

 

さすが高齢化社会ですね。

 

日本は平均寿命が、世界でもトップクラスと言われるだけありますね。

 

しかし、健康に長生きできるのであれば喜べるのですが、高齢者の多くは病気を抱えながら、医療を必要としているのが現実です(;´Д`A

 

薬さえ飲んでいれば安心、病院を受診していれば安心と思っている高齢者も多いですよね。

 

だから高齢者の医療費って、年々増大しているんですよね。

 

現代に生きる人たちは、歳を重ねるに従って様々な病気を引き起こしていますね。

 

生活習慣病を発症する方も増えていますが、生活習慣病にかかると、生涯病気と付き合っていかなければなりません(´・Д・)」

 

生活習慣病の怖いところは、合併症で様々な病気を引き起こすところなんですよね。

 

様々な病気を引き起こし、長患いになると、入退院を繰り返すことになります。

 

また、食事が取れなくなれば経管栄養やIVH、自発呼吸ができなくなれば人工呼吸器…といったように、体の機能が低下しても延命することが出来るようになりました。

 

大量の薬を内服しながら、様々な医療行為を受けながら生きている患者さんが多くいるんです(。-_-。)

 

日本の病院は薬の処方が、諸外国の何倍にもなるんです。

 

せっかく長生きするなら、病気に侵されながら生きるのではなく、健康な身体で長生きしたいものですね。

 

病気になってみて、はじめて健康の大切さに気づくのでは遅いのです。

 

病気は、ある日突然襲ってきますが、日頃の生活の中で予防されることもあります。

 

病気になる前に、若いうちから病気の予防や生活習慣の改善に取り組みたいですね!d(^_^o)