武蔵野市 看護師バイト

夜勤ありの職場で健康を保つための秘訣

看護師の仕事って、夜勤があるため、不規則な生活になりがちですよね( ;´Д`)

 

2交代制の夜勤であれば、16時間勤務になるため、体にかかる負担は大きいですよね。

 

若いうちはそれでも苦痛なく働いていましたが、30代を過ぎてくると夜勤がキツく感じてきます。

 

子供がいると、休みだからとゆっくり体を休める暇もありませんし、疲労は蓄積される一方です。

 

夜勤で夜も寝ない生活が続くと、体調を崩しがちになりますよね(;´Д`A

 

とくに、看護師は冷え性になりやすく、 冷え性から体に様々な支障を来たしやすくなるからです。

 

冷え性になると、ホルモンバランスも崩れやすく、生理不順や、生理痛が酷くなりやすいですよね。

 

冷え性になると、浮腫みも酷くなりやすく、夜勤明けは靴がはまらなくなるほどです。

 

浮腫みはセルライトになりやすいですし、 美容にも悪いですよね。

 

もちろん、肌荒れの原因にもなりますから、美容の大敵です>_<

 

冷え性になると、ストレスもたまりやすく、免疫力の低下につながりますから、病気もしやすくなるんです。

 

冷え性になり体温が1度下がると、代謝は10?20%下がり、免疫力は30%も下がると言われていますから、不健康になりやすいのも納得ですね。

 

夜勤ありの看護師の仕事をしながら、健康を保つためには、冷え性対策は有効ですよ(*^o^*)

 

冷え性対策に、食生活は重要です。

 

運動やサプリって、時間がかかったり、お金がかかるから実践が長続きしづらいですが、食生活をちょっと工夫するなら簡単に出来ますよね。

 

体を温める食材といったら、生姜やシナモンがメジャーですよね。

 

そういった食品を食生活に取り入れることは大切ですが、体を冷やしやすい食品に気をつけることも大事です(´・Д・)」

 

例えば、珈琲や紅茶。
朝や日中に珈琲を飲む方は多いですよね。

 

珈琲や紅茶に含まれるカフェインは、交感神経を刺激して、血管の収縮が悪くなり、体を冷やす原因になるのです。

 

常日頃、珈琲をガブカブ飲む方もいますが、それをやめて白湯に変えるだけでも冷え性対策になるんです(*^o^*)

 

白湯を飲むことで、胃や腸を温めますから、腸管が活発に働きだし、熱が作られ、冷えにくい体質を作ってくれるんです。

 

とくに、朝起きたら白湯を一杯飲むことでも十分効果はありますよ。

 

また、季節の食べ物はその季節に合った体を調整してくれる効果が高いですよね(^o^)

 

冬に採れる食材は体を温めやすいですから、そういった食材を積極的に摂る事も大事ですね。

 

逆に夏に採れる野菜は体を冷やすと言われます。

 

きゅうりやナスなどもそういった食材です。

 

生野菜などは体を冷やす効果があるため、温野菜などで摂取することをお勧めしますね。

 

ちょっと一工夫するだけで、冷え性を改善することが出来ますから、試す価値はありますよd(^_^o)